虫の声が聞こえても、まだ「タイ料理」

*写真の上をクリックすると、拡大表示されます。


夏のなごりか、もっともっと練習しなさい!というエールなのか。

先日糸島へ行ったらタイ料理に嬉しい食材が未だたくさん出ていたので、またまたホイホイ買ってしまい。

したがって。

またホイホイ作る事に。。。


Watermarked2(2017-09-13-0905).jpg 

「万願寺とうがらし」という肉厚で甘みのあるとうがらしと、従来の辛い青唐辛子を混ぜて微妙な甘辛さをつくる「青唐辛子のディップ」今年の春、タイ人の方に教わったナンプリックヌムがベースになっています。お約束のケープムー(豚の皮の素揚げ)と半熟卵も添えて、いい感じの前菜でしょ?でもわたし的にはコレ、ごはんに混ぜて食べるのが一番オススメです。ごはん、ドンドコいけちゃいます。



Watermarked3(2017-09-13-0905).jpg 

「四角豆」もありました。ほんの短い期間ですが、糸島でも確実に手にはいるようになりましたね。四角豆って食感は良いけれど、味的には極めて印象が薄いです。ただその分個性の強いタイ料理のソースがとてもよく合う。「コレ、どうやって食べるとぉ??」と手に取ってつぶやいていたおばちゃんの横顔に「ふふふ、タイ料理さ」と小声でつぶやきながら不敵な笑みを浮かべ、バスケットへ。


Watermarked4(2017-09-13-0905).jpg 

チリインオイルというトムヤムクンのベースにも使われる調味料で作るソースに、赤たまねぎ、にんにく、ピーナッツ、赤とうがらし、ココナッツミルクを掛け合わせ、茹でて切っただけの四角豆と鶏肉を和えてサラダにしました。手順は簡単だけど、タイ料理ならではの複雑な甘さ、辛さ、酸っぱさ、塩っぱさのバランスを美味しく調えるのがすごく難しかったです。


そして。「ミント」で作ったアイスドリンク。一応飲み物ということになってますが、ほとんどかき氷です。たくさんのミントを小さくちぎって氷やシロップと一緒にブレンダーにかけるのです。「ミントってあの苦味がちょっとぉ~」という方けっこういらっしゃると思うのですが。このドリンクの素敵なところは、ほんの少し隠し味にお塩を入れるのです。そうすると味がまとめられて驚くほどマイルドな甘味に変身する。こんな風にお塩を使うタイ人のセンスに一口目は感動!その次からは病みつき状態でした。もう真夏じゃないし、お腹こわしそうで極めて危ない状態でした。

Watermarked1(2017-09-13-0904) (1) 


偶然にも、今回選んだお料理はどれも「味のバランス」が重要なポイントになるものばかり。

シンプルな食材を使うと、味のバランスを上手く作れるかどうかで料理人の腕がバレバレになってしまうという、こわぁ~い教訓でもありました。出来としては、うーん。どれも60点くらいかな。まだまだです。


味のバランスって、ただレシピの通りに材料を入れればできるものではなくて、当然の事ながら、作っている時の様々な状況によって微妙に変わっていきますものね。その場での味付けの判断は「あ、これは美味しい!」という体験を沢山して、タイ料理の味をよくよく舌に覚えさせてなければ、瞬時にはなかなか出来ない。


ああ、久しぶりに本場のタイ料理が食べたい!!という思いで頭がいっぱいになったのも、練習の収穫かと思った次第です。



 Vegetable Heavenでは、只今「普段使いできるベトナム風の味」をテーマにしたお料理教室を行っています。毎日のご飯に仲間入りさせてもらえるように、優しいアジア風のテイストに仕上げていますので、初心者の方でも大丈夫。

ご一緒に、新しい味の冒険をしてみませんか? 詳しくは、「教室案内」をクリッックしてご覧ください。



スポンサーサイト