またブロクやりたくなりました。

なんだかまた、ブログがやりたくなりました。
でも、自分の限界については十分学習したので、ひたすらのんびりと更新しますね。
で、さて。
復活第一弾は、何を書こうかな?

先月の事ですが。初めて「春の京都」を旅してきました。
ピークは外しましたが、それでもまだ十分に美しかった桜。
本当に春の京都は何処へ行っても桜がいっぱい。
名所と言われる所だけでなく、散歩途中の裏路地やお家の庭先で見かける桜にまで心奪われ立ち尽くす事が度々。
何なんだろう。。。日本の古い木造家屋と桜の絶妙なマッチングって。
「はい、どうぞご覧下さい」って感じの桜並木とは全く違う感じ。
優しくて、懐かしくて、でもちょっとせつなくなるような儚さはもちろん感じるけれど、同時にハートをわしづかみにされたように口をポカーンと開けてただ見つめている事しか出来ない、そんな強い、強いエネルギーも受けるんですね。我に返れば、気持ちがシャキッとしてきて気分良く、日本人として堂々と前を向いて行こう!とでも言いたくなるような。今までの儚いだけの桜のイメージ、変わりました。癒されるだけじゃなくて心が強くなっていくような、そんな京都の桜との出会いでした。
IMG_2962 (1)

植物園の夜桜も、また美しく。。。。

そして、お茶やお食事も充実の今回でしたが、特に気に入ったのが京都駅のすぐそばにある割烹「燕(えん)」。N.Y.で高い評価を得た精進料理屋さんで活躍されていた方が帰国して始められたお店という事で、今までとはちょっと違った京都のお食事。
IMG_2994 (1)

打ちっ放しのコンクリートに飾り付けもほとんどない店内が、やっぱりN.Y.的♡ 
対照的に華のあるお料理と些細な所に強い個性や工夫、主張があるのも、コレまたN.Y.的♡♡ 
シンプルなお店の雰囲気とのコントラストがとっても素敵で、お店を全体として楽しむ感じが好きでした。一見ひっそりと建っているお店ですが、外国の方々を含めて次々にお客さんが入っていらっしゃるので、長居できないのが残念だったけど。でも、それも納得のお店でした。

なんて、ちょっと前の旅行の事を懐かしく思い出しながら書いていたら、お部屋いっぱいに良い香り〜♫パンが二つ焼きあがりました。
IMG_3027 (1)

今回はずっと前に通った天然酵母パンのお教室で教わった、玄米粉や麦こがしなど「和」の粉が入ったユニークで香ばしいパン。最近よく、パン焼いてます。

と、まぁ。
こんな感じで今回はとりとめもなく。
それでは今後ともどうぞ宜しくお願いします。

Vegetable Heaven


料理教室検索クスパ
スポンサーサイト