キッチンリフォーム   –プロフィール写真編− (2)


撮影をお願いした「女性写真家チーム」の中野貴子さんは、写真家さんらしい真っ直ぐな視線が印象的な方でした。それだけに、その視線と一緒に飛び込んできた「シアワセにしてあげる」は鋭くて、わたしは言葉を失ってしまったのです。

「シアワセにしてあげる」?? そ、そんな大それた事言わないわよ、ワタシ!

ま、今にして思えば、中野さんは普通にターゲットクライアントの事を訊いただけかもしれません。マーケティング講座でも教わりました。ターゲットの人柄から生活環境まで、細かく明確に設定して、提供するサービスに満足している様子までしっかりイメージすること。あ〜、でも「幸せにしてあげる」と「満足させる」とではニュアンスが違うと思います!
なぜって、誰かを幸せにしてあげるのは、自分が幸せじゃない出来ないことじゃないですか?

答えのないわたしに、
それじゃ、『料理を仕事にしたい、と思った頃の自分』を思い出して、その頃の自分に語りかけてみて。それが高木さんのお客さんなんだから。
と、中野さん。
これで少し気分が楽になりました。料理を仕事にしたいと思った頃のわたし。それはこの間インドで久しぶりに再会した、懐かしい自分だったからです。

料理に対するそれまでの観念が、インド料理に出会って一転。料理がとんでもなく楽しい素敵な冒険に変わり、いつか自分で料理教室やりたい思い、料理から夢がどんどん広がっていた頃の自分。とても懐かしかったけど、今のわたしはあの頃の幸福な気持ちの上に立って仕事をしているかしら?そうでなければ、あの頃の自分に語りかける言葉なんて見つかるはずないわよね。

そして中野さんの問いかけは、私の中で更に波紋を広げていきます。

 料理だけじゃないよね。自分に対しても。今しっかりと立ち位置を確認しないと、誰かどころか、自分も幸せにしてあげられないよ!

コレって単なる撮影の打ち合わせ、のはずだったんですけどね。(笑)
ひとつの問いかけが、あれよあれよとこんな風に展開していったのには驚きでしたが、
不思議と元気が出てきて、
この撮影に真摯に向き合う事で、何かが動き始めるような気がしてきたのです。
どんな撮影会になるのか全く解らなかったし、その先もまるで想像できないけれど、それを「楽しみ」と感じながら撮影の日を待っている自分が居ました。

(づづく)


京都「スマートコーヒー」のホットケーキ。
ホットケーキはパンケーキではないのです。これがホットケーキですっ!
と、教えられるような見事なホットケーキ。
パンケーキ派の私は、「へへぇ〜」とひれ伏すばかり。(笑)

DSC08338.jpg
*写真の上をクリックすると、拡大表示されます。



ただいま募集中のお料理レッスンについてはこちらのサイトをご覧ください。
料理教室検索クスパ
スポンサーサイト