スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンリフォーム – プロフィール写真編 −(3)


「お洋服はくれぐれもシワのないようにね。意外に目立つんですよ。」と念を押されていたので、服は早々に決めて前日にアイロンがけする予定でした。
しかし、これが甘かった!!素材がコットンと麻だったので、シワになりやすい上に、取れにくい事を忘れていたんです。こっちがきれいになったら、あっちに別のシワが付く。やっと完成しても鞄に入れる時にシワが入ってやり直し。出発間際まで一心不乱でアイロンと格闘し、ヘロヘロ状態でスタジオ入りとなったのです。そして衣装にオッケーもらった瞬間に、ホッとした勢いで全身の力が一気に抜け、頭は空っぽ。気分を上げてくださるお言葉にただニコニコうちに、あっという間に撮影は終了してしまったのです。そんな風だったので、出来上がりを見た時はホッと胸をなでおろし、「はぁ~良かったぁ。綺麗に撮れてる♡」としばし見とれてしまいました。

ところがです。

困った事に、だんだんと、素敵な写真なのになんだかしっくりこない感じがしてきたのです。
気になって何度見るうちにようやく気付いたのが、自分でも驚く程リラックスした表情をしていること。撮影の前日までは、写真を新しくしてどうアピールしようか、お教室の雰囲気やお料理も変えてみようか、と考えていて気合い十分だったんです、わたし。なのにいざという時に全部抜けてしまったので「素」のわたしだけが残っていたのですね。よく「料理でも何でも、あなたはリラックスしている時が一番出来が良いのだから。そんなに気負わず自分らしく居れば、自然に人にも伝わるから。」と言われるのに、そう言われる程どうして良いのかわからなくなって、逆にどんどん肩に力が入ってしまう人ではあります。でもそれが全部抜けるとこんな風に自分で戸惑うほど変わるんだなぁ、とまたしばし呆然。

そうして見ると、今度は写真が「素」のわたしを捕まえて「コレ、もっと前に出てらっしゃい!」と引っ張り出してくれている中野さんのメッセージのようにも思えて来て、なんとも勇気づけられたのです。撮影前に抱いていたイメージとは違いますが、この写真にならお料理することで解放されて癒されている日々のわたしと、このしあわせを多くの方々と分け合いたいという思いを乗せても大丈夫じゃないかしら?
きっと良いプロフィール写真になる!そう自信を持って使う事にしたのです。

先週、中野さん主催の新年会で「叡智」という言葉が添えられたフラワーカードを引いたわたしに、「これまでの経験や学びの全てが高木さんの素晴らしい『叡智』になっているはずだから、それを生かして良い仕事をしてください。」と言って背中を押してくださった。
そう。ここにわたしの叡智を注いで、どう変わっていくのかはこれからの楽しみです。

DSC08603.jpg



ほんの気分転換のつもりだった写真撮影が、貴重な体験と未来へ漕ぎ出す為の支えまでいただき、何かのいたずらのような素晴らしい出会いにしみじみと感謝してしまいました。
でもVegetable Heavenリフォーム計画はまだ始まったばかり。立ち止まってはいられません。
次、行かなくっちゃ。

IMG_7881 (1)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。